実際に合った被害ケース

シロアリによる被害は、家の床下や柱などを食べられるだけではありません。柱を食べられると木材が脆くなり、耐久性が低くなってしまうのです。

気づかない間に柱がボロボロになっていた(35歳/男性)

シロアリの巣があることによって、どのような被害があったのか知るには被害を受けた人の意見を取り入れることが大切です。被害を受けた人の口コミでシロアリが引き起こす被害について知りましょう。

巣が床下にできていた(32歳/女性)

シロアリは家の内側で行動していて、内側にある柱などの木材に食害を与えるのです。木材を確認する機会がなく、そのせいで家全体の柱に深刻なダメージを受けてしまいました。地震で倒れてしまうのではないかという不安を抱えたまま暮らしています。

床下だけでなく天井裏も被害を受けた(42歳/男性)

床下に巣を作ったシロアリは床下にある柱と床板を食べてしまい、畳の上を歩くと沈んでいるような感覚になりました。それだけではなく、床下から家に入り込んで畳だけでなくタンスなどの木製の家具も食べられてしまったのです。

木造住宅の倒壊要因にもなる

土の中や床下に巣を作るから下だけ被害にあうと思っていたら、天井裏に住み着いて天井の木材まで食べられてしまった。柱や壁などを食べた後は、新しい餌を求めて屋上まで進行していき家全体が食害にあっている状態になっています。

BackToTop